コストを削減するための工夫

>

無駄をなくす努力をしている

人が住んでいる地域なのか知る

誰も住んでいない地域の道路を整備しても、費用が無駄になります。
工事をするにはコストが必要なので、本当に必要なのか判断しなければいけません。
ですから工事の案が出たら、まずは周辺を調査します。
人が住んでいて、使用する人が一定多数いる道路なら工事を開始できます。
実際に現地を訪れると、誰もいなくて工事しても意味がないということもあります。

誰も住んでいないような地域の道路なら、整備しなくても問題ないでしょう。しかし人がいて、毎日使用する道路なのに整っていないと、事故を起こす危険性があります。
ですから情報収集は必要ですが、短時間ですばやく終わらせなければいけません。
そして、工事をするかどうかも判断を下します。

短時間で工事を終わらせること

長々と工事を続けると、それだけ高額な費用が発生してしまいます。
短い時間ですばやく終わらせることが、インフラコスト削減に繋がります。
そのためすぐ工事をしないで、最初は綿密に工事の計画が考えられています、
計画通りに作業を進めていれば、余計な時間が掛かることはないでしょう。
また作業員全員が、自分の役割を理解しています。

自分が何をするべきなのかわかっていないと、作業が遅れてしまいます。
そして現場では、1人の仕事が遅れることで全員の作業に影響を与えます。
みんなは自分の仕事が周囲の人と繋がっていることをわかっているので、頑張ってすばやく自分の仕事を進めています。
それが実現すれば、低コストで工事ができるでしょう。


このコラムをシェアする